sallyのカメラ散歩
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 盛岡散策 南昌荘 | main | ANDANTE  アンダンテ >>
赤れんが館(旧秋田銀行本店本館)

連休2日目は秋田市へ。
片道3時間以上のドライブ。
ほとんどが高速道路を通るルートを選択。
車の運転に苦痛は感じないほうだけど、さすがにほぼ対面通行の高速はキツイ。
せめて2車線にしてくれ!秋田自動車道よ!

ということで、休憩も入れずに車をぶっ飛ばして着いたところは・・・



       「赤れんが館 旧秋田銀行本店本館」

明治45年に完成したルネサンス様式を基調にした建物。
1階部分は磁器白タイル、2階は赤れんがという華麗さが特徴。

では、中へ入ります。



1階は広い営業室。
吹き抜けになっていて、大きな照明が視界に入ってきます。
注目すべきはその照明よりも、照明を囲む楕円形の天井のデザイン。





天井は青白色の漆喰。天井一面に広がるこの楕円形はステキ過ぎ。



営業室の奥には頭取室があり、立派な暖炉があって北国の洋館では
よく見られます。壁紙がいかにも頭取室!という感じ。



2階へ行きましょう。この白い階段。白大理石なんですと!
はぁ~豪華ですなぁ~



まるでヨーロッパのどこかのお屋敷にいるんかと錯覚する。



この部屋はかつて会議室として使われていたらしい。
今は秋田市出身の人間国宝の関谷四郎氏の作品が展示されています。

さらに奥には貴賓室がありますが、その途中に営業室の天井部分を
見ることができます。



天井近くで見るとさらにその豪華さが分かります。



ここだけ見ると、銀行だったとは思えない。



さて、貴賓室。こちらも豪華ですこと。



腰壁部分は人口皮革の「金唐革紙」が使用されているとのこと。



この床もなんだか当時ならではのなんとか~って説明があったけど・・・
忘れた ^^;



細かいところにも凝った装飾が施されていて、とにかく豪華!



正面の両側にある円筒はイギリス・ルネサンス様式を取り入れたもの。



建物の脇に時代を感じるれんが壁が目につきました。



あざやかなレンガも好きですが、やっぱりこのくらい古びたほうが
個人的にはそそられる。。。



スポンサーサイト
あ゛〜〜〜〜!!!
泡ふくくらい、気に入りました。ここにいきたい!
ここで結婚式したい!!(笑)
はぁ、sally姉さん、やってくれましたね。
2トップ入りました(ドンドンパフパフ)
興奮したぁ〜。1日1回このページこよっと。
あお | 2013/10/02 11:20
◆あおちゃん
あらぁ〜結婚式挙げたくなるくらいまで
あおちゃんのツボとは!予想外やったわぁ(笑)
でも、内装もそんなにガッチリしてないけん
結婚式しても違和感はそんなに感じらんかもしれん!

大分にもこういう建物があればいいになぁ!



sally | 2013/10/02 22:11
うぉ〜〜〜!!なんじゃこりゃ〜〜〜!!
丸い灯りが別府の公民館と一緒だ!
当時流行ってたんですかねぇ?
こりゃ、sallyさんヨダレたらしながら撮ったでしょ?
あ〜私も建物撮りたい!!週末撮るぞぉ!!
yuqico | 2013/10/04 10:49
◆yuqicoさん
久しぶりの洋館でのガッツリ撮影でコーフンしたで〜!
前日の岩手では外観のみで不完全燃焼やったけんなー

丸い灯り、ホントや!別府の公民館の入り口のと同じ!
明治時代はきっとこれが流行やったんやろな^^
蛍光灯にはない暖かい色が洋館にはやっぱりお似合いよねぇ〜

週末は撮影会?
アップされるのが楽しみやわ♪

sally | 2013/10/05 00:25
COMMENT









Trackback URL
http://sallyfootmark.jugem.jp/trackback/340
TRACKBACK