sallyのカメラ散歩
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

百聞は一見に如かず
どうやら7月からETCの週末割引率が50%から30%に変更になるらしい。
それならば東北にも春がやって来たことだし、それまでに高速道路を利用して
行く場所には行っておかなければ。

ということで、岩手へ行きました。
時間に余裕があれば訪れようと思っていた被災地へも。
岩手県内の被災地と言っても範囲が広いのですが、今回は
釜石のほうを訪れました。
内陸のほうから釜石へ向かう交通量の多さに驚きつつ進み、釜石市内へ。
釜石湾に出る手前で道を曲がったので、海の近くには出ませんでしたが
新しい建物が集中的に建っている場所は再建されたのだと思いました。
また、あらゆる場所に津波が到達した高さを表わす標識があり、その位置のあまりの高さに
驚くというか、信じられなかったというのが正直なところ。

釜石から北上して、大槌町へ行きました。
大槌町も津波の被害が大きい場所として何度もテレビでも放送されていた場所のひとつです。
突然視界が開けたと感じたら、そこは津波の被害にあった場所でした。



あんな向こうにある海から津波がこの高台の下まで押し寄せ
そして何もかも奪って行っただなんて。



上の写真のさらに右手側。まだまだ奥のほうにも・・・
震災前の様子は分からないけど、この更地の範囲を見ると
ここにどれだけの家屋や企業があって、どれだけの人々の命が
失われたのかと思うと本当に胸が痛みました。



ちょうど取り壊しがされている建物がありました。
ここは大槌町役場で、町長はじめ多くの職員が津波で亡くなりました。
遠目での撮影のため、建物の損壊状態が伝わりにくいですが
言葉ではちょっと表現できないような状態でした。
亡くなられた方々のご冥福を祈り、手を合わせました。



大槌町からさらに北上する途中で目にしました。
運転しながら撮ったので、ブレて見づらいですが
津波がここまで来たことが分かります。
こんな高さの津波って・・・ やっぱり想像できません。



このあたりはこの道路を挟んで左右どちら側もほぼ更地でした。
水産加工などの企業が多いようで、中には新しく再建した建物も
ありましたが、特に左手側の住宅地であったと思われる地域は
まだまだ基礎部分のみが残っている状態のところが多かったです。

海を見ると、養殖業も再開されていて震災のつめ跡はぱっと見は
分かりませんが、一方陸地を見るとまだまだ瓦礫も若干残っている
更地。中には取り壊しもまだされていない住宅もありました。

3年が経った今、こうして被災地を訪れて感じたことは
被害の大きさはもちろんですが、「復興」の度合が
想像とは違っていたこと。
もちろん国内の様々なところから復興のために来られて
日々作業をされている多くの方がいることは、分かっているのですが
普段メディアを通して伝わる「復興」とはかけ離れた現実に驚きました。

毎日いろんなニュースが報道される中、もちろんそれらも知るべき事で
大事なことかもしれないけれど、この広範囲にわたっている被災地のことも
まだまだ報道して、この状況・現実を知ってもらう必要があるのでは
ないかと感じました。
そして、私たちひとりひとりにもできることがあるはず。







 
盛岡散策 南昌荘

洋館の中を見られなかったショックは大きかったけれど
ここは気分を変えるしかありません。

今度は思いっきり「和」の世界へ。



              「南昌荘」

盛岡出身の実業家が明治18年頃に邸宅として建てたもので
以降125年の間、色々な所有者に渡ったようですが今は
いわて生活協同組合が管理していて、週末は様々な催しが開催されているようです。

この日も粘土でお花をリアルに作った作品などの展示会が開かれていて
奥様たちがたくさんいらっしゃいました。



縁側の庭が見渡せる席を陣取りました。



秋には美しい紅葉も見られるらしい。



まだまだ緑がまぶしい庭園を愛でながら
お茶と和菓子を頂きました。

背後では奥様たちのにぎやかなやり取りが繰り広げられていましたが
この縁側はゆったりとした時間が流れていました。





盛岡散策 旧石井県令私邸 

次に向かうところは、かなり期待しつつ向かいました。
ホームページからもそのステキさに目を奪われたし♪
しかも、色々とイベントも催されたりもするらしいし ^^



ハイー!キター!!! ツタ、育ちすぎー!(笑)



こちらは、サイド。



斜め後ろサイドから。



裏側。



そして角。

あらゆる角度からお楽しみいただけたと思います。

つづいては・・・ これまたステキな窓!



もーこの窓がほしい!!



やっぱバラが似合う!



明治19年頃に建てられた盛岡にある最古の洋風建築らしい。
そうでしょう、そうでしょう、そんな雰囲気がプンプンしてます。

さぁさぁ いざ中へ!!

入り口のドアノブをドキドキしながら、ガチャッ。

ん? ガチャガチャッ・・・ うっそぉ〜〜〜!

まさかのお休みでしたーーーーーー。。。。

ショックでぶっ倒れそう ><;



「事前確認不足の巻」第何弾目だ?

情けない・・・ ガックリ肩を落としつつ去りました。。。





盛岡散策 旧盛岡高等農林学校本館
先日の3連休は天気にも恵まれてお出かけ日和でした。
ちょっくら、盛岡へ車でビューンと。

まだ雪で極寒の中に行った今年の3月に、徒歩ではちょっと行けなかった場所へ。



岩手大学農学部へ。



目的はこちら。 「旧盛岡高等農林学校本館」
修復はされていますが、大正元年に建設された明治後期を代表する木造欧風建築。
今では同大学の農業教育資料館として一般公開されています。

各部屋は農業にかかわる資料や、地質調査資料、そしてなぜか鳥類のはく製が数多く
展示されています。中には絶滅した鳥類や動物のはく製などもあり、面白かったかも。
また、宮沢賢治も在学していたとのことで、当時の写真や論文なども展示されていました。

残念ながら館内の撮影は展示室以外もNGでした(涙)

この建物のすぐ横には、



「百年記念館」という古い建物も。 
こちらは昭和3年に同窓会事務室として建てられたものらしい。

 

入り口には「宮沢賢治センター」という表札がありました。
ドアは施錠されていて、中に入ることはできませんでした。。



敷地内には動物病院や植物園などがあり
あまりキャンパスっぽい雰囲気はありませんでした。
この池の周辺には家族連れが遊びに来ていて、公園のようでした。



こちらは かつての正門にあった門番所です。
明治36年に建てられてもので、「寄せ棟風八角」造りで重要文化財のひとつです。



これは裏側から。中をのぞくと休憩ができるようなスペースになっていました。

撮影NGだったり、中に入れなかったりと不完全燃焼感が否めず・・・
次に期待!


盛岡散策 中津川沿い

盛岡には3つの川が流れていて、中津川はそのうちのひとつ。
とてもキレイな川で秋になると、鮭が帰ってくるくらいらしい。



川沿いの道は散歩やサイクリングにも人気なんだそう。
うん、わかる気がする。



川に浮かぶカモが中洲を歩いて反対側の流れのほうに行くの姿に萌え。



ピョーンと飛んだほうが早いんじゃないのかね?



お?対岸にステキな建物を発見!
残念ながら今回は行きませんでしたが、人気のカフェらしい。
壁に見えるは、ツタだ!!
こりゃ、夏に葉でわっさわっさの時に来ないといかんでしょう!



は~ 青空っていいわぁ~
弘前でも毎日こんな空が見られるような日が早く来るといいな。

万歩計を持っておけばよかったなーと思うくらい歩いて歩き回った2日間。
車で回っていたら目にすることができなかった風景や建物もあったし、その逆も然り。

さて、再訪するつもりではあるけど、とりあえず盛岡に来たならば食べておきたいもの。



盛岡冷麺。 冬はスイカではなく、りんごがセット ^^
赤いスープがすごく辛そう・・・ 
お店によってはキムチで辛さを調整できたり、スープの辛さを選べたりできます。
私は「普通」の辛さを選んだのに、目の前に置かれた時にこの赤さを見て目がテンに ^^;
でも、実際は甘いくらいでした。もっと辛くしてもよかったくらい。。。
麺の独特のモチモチ感とツルツル~っとしたのど越し。
はぁ~また食べたい ^^

さてさて、長らくお付き合い頂きました盛岡ひとり旅も、これでおしまい。

次はどこに旅に行こうっかなぁ~ ^^

しかし、青森の春はまだまだ先でございます・・・。


盛岡散策 可否 六分儀
そういえば、今回の旅ではカフェを目的地に設定していませんでした。
もちろん下調べ段階でもステキなカフェはいくつかピックアップしていましたが
土地勘のない街を徒歩で回ると、予想外に時間がかかったり、満員御礼状態だったり
道に迷ったり(笑)するものでね・・・ 

そんな中、40年近くご夫婦で営業されているという「可否 六分儀(こーひーろくぶんぎ)」へ。



なんとなくカワイイような感じもするんだけど、撮った写真を見ても
何が彫られているのかが分からないまま・・・ ^^;



入り口のドア。 好きな色だな。



入り口を入ると細長い通路があって、その奥が少し広くなっています。




白い壁がまるでコーヒー染めされたみたいなイイ感じの色 ^^



このカウンターの奥からサーブされます。



今回はスイーツをセット~♪
ケーキは創業当時から変わっていないらしい。
このレアチーズケーキは、密度の高い(?)濃厚さがたまりませんでした #^^#
今でも思い出すとヨダレが・・・



店内にはアンティークの小物や、オーナーさんの銅板画などの作品が並んでいます。



前方の小窓でお代を支払います。
その時に中から覗くオーナーご夫婦の優しそうな笑顔に癒されました。

さて、1泊2日の盛岡プチひとり旅も終焉を迎えようとしています。
最後に盛岡に来たからには・・・というものを♪



盛岡散策 古い建物編 #3

さてさて、ぱぱぱぁ〜っと紹介していきますぞ。



          「紺屋町番屋」

大正2年に消防番屋として建てられたものだそうです。
ブルーグレーと赤の組み合わせで、消防団という文字がなければ
消防施設だとは思えない建物です。
今でも消防車の車庫として一部使用されているとのこと。




                    「盛岡正食普及会」

黒い壁は黒い土蔵だから。初めて見た時は、ちょっとギョっとしましたけど ^^;
こちらは明治末期に商店として建てられたもので、今は日本の風土や体質に合った
「正しい食べ物」を提唱する自然食品店だそうです。
この日はあいにくお休みでしたが、こちらの自家製粉で作られるパンやビスケットが
とても人気です。
あーパン食べたかったなぁ〜・・・



こちらは、実は一般のお宅です ^^;
なので、近づいて撮影はできませんでしたが
白に渋めのブルーの引き戸の玄関。そしてその上のなんともオサレなデザインの
窓的な部分に、手作りの可愛いポスト。


 
            「旧宣教師館」

 このからし色の壁が目を引く建物は大正9年に建てられたもの。

 

 横から見ると縦長な建物なのが分かります。デカイ!
 延床面積が約300平方メートルもあるそう。



どうやら平日しか開館されていないらしい・・・
ううう・・・洋館好きとしては是非とも中を見学したかった(涙) む、無念!



      「もりおか啄木・賢治青春館」

えらく重厚な造りだなと思ったら、やっぱり旧第九十銀行の建物だったそう。
明治43年建設とのこと。 当時って想像以上に銀行ってところは
敷居の高いところだったんだろうなぁ〜と。




館内はほぼ全面に赤いカーペトが敷かれていて、どこかのお屋敷みたい^^;



1階では石川啄木と宮沢賢治の青春時代を紹介しています。
その傍らにカフェが。「喫茶 あこがれ」だって。

さて、そろそろ甘味を投入しろー!と身体が訴えてきやした。
喫茶あこがれにフラフラと入りそうになるのを必死に耐えて
ちゃんと計画していた喫茶店へ小走りで向かったのでありました。

まだつづく・・・・。

  

盛岡散策 古い建物編 #2
古い建物をめぐる散歩は続きます。
前記事の岩手銀行から歩くこと数分・・・



ちょうど道路のカーブに沿うように古い長屋が見えてきました。



つららもすごいけど、建物の傾き具合がすごかった。



こちらも有形文化財に指定されている建物です。
しかも、こちらは今も営業されている雑貨屋さんなのです!
「茣蓙九(ござく) 森九商店」 といってカゴやザルを販売されているそうです。
なんと!創業は1816年! 約200年前・・・ 気が遠くなるような時間です。
残念ながら、日曜はお休みでした。。。



今度は営業している時に来てみたいな ^^


盛岡散策 古い建物編 #1

朝食も済んで本格的に2日目スタートです。
天気も上々♪



雪が反射してまぶしい〜 そして今日も足元はおぼつかない ^^;



まずは、前日盛岡城跡公園から川を挟んで見えた建物へ。



岩手銀行 中ノ橋支店です。 今でも現役で銀行として使われているそうです。
なので、残念ながらこの日は銀行はお休みなので、中には入れず。
1911年(明治44年)竣工だそう。 



東京駅の設計者と同じ方の設計だそうです。確かに似てる!


 
ルネッサンス様式を基調としたレンガ造り。銀行らしい重厚な造りです。



これは裏側。 ちょっと外国にある路地裏みたいな一面も。
つぎはぎ部分に萌えたワタクシ #^^#



うむ、やっぱカッコイイ!

盛岡散策 朝食編 カプチーノ詩季
前記事より少々時間が空きました・・・
観測史上最高の積雪を記録している青森に居りますゆえ
先週末から雪と格闘しておりまして ><;
明日の朝、出勤するのにアパートの駐車場から車を無事に出せるのかしら・・・
もう、いやだぁ~~~ッ もう降らないでくれぇ~~~

というこで、少し更新が滞っておりました。

えーと、盛岡1日目の夜は晩酌セットでイイ感じに腹八分。
冷えと歩き疲れで心身共にヘロヘロ状態で、お風呂入ってベッドにゴロンっと
したら、そのまま朝まで爆睡。 なんか平日と大差ない夜の気がする ^^;
盛岡まで来て何やってんだか・・・

ということで、二日目スタートです。

まずは腹ごしらえ ^^



「カプチーノ 詩季」にて、朝食を食らいます。



かろうじてベーグルを食べたことが確認できる、このいただけない写真が1枚のみ。
こちらはベーグルサンドでして、それはそれは美味しかったのであります。
実はわたくし、前日の盛岡に到着してホテルチェックイン前にも
こちらでランチを頂いたのでありました。
その時の美味しさに感動して、翌日も来ようとひそかに企てていたのです。



あのカウンターの奥にあるカッコ良すぎるエスプレッソマシーン。
きっと古いものだと思うけど、とてもキレイにされていて
大切に使っているんだなぁ~と。



コーヒーを飲みながらボーッと外の人や車の往来で騒がしい様子を
入り口のドアを通して見ていると、それとは反対に静かな店内が
別世界に感じる不思議な空間でした。
(グシャっと置いたワタクシのコートは見なかったことに ^^;)

さ、無事に朝食にもありつけたので、盛岡2日目スタートしますぞ。