sallyのカメラ散歩
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

unrico cafe
最近は1ヶ月に1度行かないと落ち着かなくなりました。



この日は、まずはスイーツで甘味を投入。
白玉の触感と甘すぎない小豆と、
下に隠れている抹茶プリンがたまらなく好きなわけです。


セットしたのは、これまたハマっている自家製のジンジャーエール。

オーナーさんにおしゃべりにお付き合い頂いたりしながら
気が付いたら夕食タイムになっていたんですね。あら、不思議。

そうなると、、、、こうなりますね。



ココナッツカレー追加オーダー!

いつ食べても本当に美味しい。
地元に戻ってから食べたくなったらどうしよう・・・
お取り寄せできる? ^^;
 
unrico cafe アンリコ
待ちに待った雪の心配をしなくても外出ができる時期。
雪の間行くことをガマンしていたコチラへ早速行って来ました。


アンリコさんへ。



この日は春の限定メニューを。
桜のパウンドケーキと自家製ジンジャーエール。


甘さ控えめなあんこが美味。
さくら塩だったかな?
桜の風味がふわっと香ってきます。



桜の花びらのシュガーパウダーのデコが春っぽさを演出。



アンリコさんの自家製のジンジャーエールを頂くと
市販のものでは物足りなく感じるくらい濃厚。

この日は残念ながらココナッツカレーが売り切れだったので
次回は何が何でも!!と、心に決めたのでありました。

 
unrico cafe アンリコ
この週末の天気は雨。本来は雪がバンバン降る時期。
全国的に気温が高かったようでもあるけど。
プラスの気温と雨で道路の雪が解けている!!
これだったら青森にだって行けるはず!

ということで、行ったわけです。アンリコさんへ。


実は金曜の夜から「明日は行けるんじゃないか」とウズウズ・・・
そう、頭の中にはコレを食べることしかない。



ココナッツカレー☆
食べたくても雪の間は行けないので、思い出すこと自体も封印してました。


席に着くなりソッコーで注文。
あ〜シアワセ〜 何杯だって食べられる自信あり。
次回は倍の金額で量も倍にしてもらおうかしらん。

いつものように、珈琲を飲みがら雑誌を読破して・・・としたい
ところでしたが、夕方だったのもあり、ビビリのわたくしは
道路の凍結を恐れ、この日はココナッツカレーのみで終了。。。

帰り際にオーナーご夫婦と少しお話しをしたのですが
いつお話しても感じの良いお二人にホンワカ気分になって
気が付くと帰りの運転はニヤニヤ顔なのであります。
次回行けるのはいつだろう・・・それまで封印できるか?!
 
unrico cafe アンリコ
おそらく今年最後の快晴で道路状態の心配がない週末であったであろう先週末。
以降、遠出ができなくなることを想定して、今年のunricoさん納めに行きました。



抹茶パウンドケーキ。 シンプルなクリスマスデコがうれしい。



いつもながら落ち着く店内。


コーヒーを追加オーダー! 
こうなると、長居パターンです。



お気に入りの雑誌を熟読。




暗くなってくると、昼間とはまた違う雰囲気です。
ヤバイ。あまりに居心地が良くてこのままテーブルに突っ伏して寝てしまいそう・・・

次に来れるのは雪が解ける春頃だなぁ〜と思いながらお会計。
その時にオーナーご夫妻とのおしゃべりがスタート。
さらに長居することになったのでした ^^;

こういう時、家の近くだったらいいのに・・・と本気で思うのであります。




 
Garden Cafe
ジェラートだけではどうにも空腹がおさまらないので
周辺でカフェはないか!と血眼になってスマホで検索したおしました。
そして見つけたわけです。

       Garden Cafe
野辺地(のへじ)町というところにあります。
メニューを見るまではケーキセット的なのにしようかな、
と思っていたのですが、やっぱり空腹だと



こうなりますよね〜 ハイ、ドーン!! オムライス!
おかげさまで、帰り道に買い食いせずに済みました ^^;

 
unrico cafe アンリコ

久しぶりにカフェのはしご。
雑穀cafe小粒さんを出て、そのままunricoさんへ向かいました。
外は台風並みのどしゃぶり。店内に入るとオーナーさんが
「こんな天気の日にいらしてくださって、ありがとうございます」と
やさしいご挨拶をしてくださいました。
いえいえ、逆にこんな天気なのに営業してくださっていて、ありがとうございます!



カフェ小粒さんでムースを頂いたというのに、こちらでもスイーツを。



そして、お気に入りの旅雑誌。



店内は外の大雨とは無縁の雰囲気。

実はスイーツの後にココナッツカレーを頂くつもりでしたが
さすがの私もムース、パウンドケーキを立て続けに食した後では満腹。

こりゃーまだ修行が必要じゃ。



雑穀cafe 小粒

朝からどしゃぶりだった先日の土曜日。
全然やみそうにない雨を部屋の窓から見ながら
外出するかどうかを迷っていました。
以前、雨の中一眼を落下させるという事件がトラウマになっているわけです。

でも、やっぱり部屋にいるだけじゃーつまらん。

ということで、ちょっと時間は下がったけど、ぴゅーんと高速で青森市へ。



            「雑穀cafe 小粒」さん    

住宅地の公園のそばにあります。
雨のため、素敵なお店の外観が撮れず無念・・・



窓際の席からは、向かいにある公園が見えます。



コーヒーのムースとアイスティ。
 
ムース、2個目行けたけど、グッとガマンした。



春に九州へ旅行に行かれたというオーナーさんの「また行きたい」という言葉に
なんだかうれしくなったわたくしでありました。

今度はあの窓際の席で、公園を眺めながらランチを頂きたいです。











 
ice&coffee 羅針盤
この間の週末は、仕事がハードだった週をなんとか乗り切ったので
家で放心状態でボーっとしてました。

が、病気でもないのに週末にどこにも出かけないなんて・・・ありえん。

ということで、あてもなく車でフラフラしてました。
弘前から青森市へ入ってすぐの浪岡を通りかかった時に
行きたいなーと思っていた「羅針盤」へ。



どのくらいかは忘れたけど、古いお店らしい。



この日はとても暑い日でしたが、店内にある観葉植物や
窓の外のグリーンで気分はひんやり。



パフェやアイスで有名なお店ですが、腹ペコの私は「らしんばんドリア」を。
写ってないけど、サラダとスープもセットされます。

食後にアイスでも食べようかなぁ〜と思っていましたが
予想以上にボリュームがあります。



ふと窓際を見ると、見慣れないものが。



おぉ! これって羅針盤?! こういうタイプって初めて見た。
手に持とうとしたけど、とても重く無理でした ^^;
中心部分は窓が反射してうまく撮れませんでしたが
なかなかインテリアとしてもオサレです ^^

この後コーヒーを頂いて、帰宅。
この日、夕飯が入らないほど満腹でした。
まだまだ修行が足りんな・・・ うむ。


unrico cafe アンリコ
また発作が出ました。
unricoさんのココナッツカレーを食べたい!
土曜日の夜からウズウズ・・・

日曜の午後、ランチタイムも過ぎた時間帯におじゃましました。

着いたところで、なんとカメラを忘れるという痛恨のミスが発覚!!
だからといって行かないわけありません。
食べないことには発作が止まりませんのでね。
いまだに使いこなせていないスマホのカメラを使えばいいのよ。



ということで、ステキさと美味しさが伝わりにくい写真になりました。

これこれ!発作の原因のココナッツコカレー! いつ頂いても美味しい♪
ゴロっとした大き目にカットされた野菜たちがうれしい^^



今回はアイスコーヒーをセット。 
そしてカレーを食べ終わったところで、別の症状が出ました。
甘味が・・・しかも「和」な感じのものを口に入れなければ!!



白玉と抹茶のプリン。 今までなかなかありつけませんでしたが
この日はやっと私の口の中に納まることになりました。
抹茶のプリンはアイス、白玉とあずきの下に隠れています ^^
この抹茶がこれまた濃厚で・・・ 美味。
なんならこの器の縁ギリギリまで抹茶プリンにしてほしいくらい・・・。



unricoさんには、絵本や写真集やエッセイなど本がたくさん置いてあります。
この日は「TRANSIT」という海外へ旅に行った気分になるカルチャー誌を手に取りました。
毎号どこかの国に焦点を当て、ダイナミック且つ繊細な写真とともに、その国の
決してメジャーではない小さな町などが紹介されていたり・・・
すっかりこの雑誌が気に入ったのであります。
1,800円くらいする雑誌だけど、情報量と読み応えからすれば決して高くない気がする。
そして、なにより「旅に出たくなる」。

耳にやさしいカフェミュージックと、キッチンでオーナーさんが洗いものをする水の音が
遠くに聞こえる心地よさ。 はぁ~ 至福のひとときでした。

こうしてお店のカワイイ白いドアを開けて帰る時にいつも「また来たい」と思う。



 
Keku Cafe
先週、岩手に行った帰りに長時間ドライブ突入する前に
コーヒーを飲みたくなったので、偶然見つけたカフェへ。

ケクー・カフェ。 車の往来が激しい国道沿いにありました。



お店に入ると、カウンターへすすめられました。



店内は明るく、国道沿いとは思えないくらい静か。
カウンター席のうしろの窓越しにはテラス席も。



お店のお姉さんがカプチーノを勧めるので頼むと
カプチーノアートを目の前で披露してくれました。
あら~ かわいいわぁ~ きっと似顔絵ね♪ (sallyシワなしバージョンね)

「わーカワイイ!写真撮ってもいいですか?」と聞いた時の
お店のお姉さんの、照れながらもうれしそうな表情にズキューン!
ほ、惚れた #^^# 

また岩手に行った時の帰りは、ここのお店に寄れるルートに決定や!