sallyのカメラ散歩
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

長部田海床路
やっと来ることができました。



二階堂のCMに出ていた「長部田海床路」。
干潮時は道路が続いていますが、満潮になると道路が海に消えます。



ギリギリまで歩いて行こうと思いました。
が、あまりに距離がありすぎて行き着くまでに海面が・・・
と考えるとビビッて途中で引き返すことに ^^;



道路がすべて海に消えるまで待とうと思っていましたが
あまりの寒さにここでギブアップ!

でも、干潮時の状態が見られたのでよしとしました。
 
sally車の窓から #1
青森に来て以来、冬になると天気予報を見ては一喜一憂の日々。
それは何年ここに住んでも変わらない気がする。。。
会社の同僚とも必ず天気の話は1日に1度はしてるし。

しかし、今年はどうしたことか。
去年の今頃は立派に雪かきしてた気がする。
まぁ私にとっては、少なくて結構なんですけど。
中には雪を待ち望んでいる方もいらっしゃるでしょう。
この週末はどうなることやら・・・ 特に日曜から。

ということで、先日の通勤途中に撮った一枚。



しばらく青空も見られなくなるのー




 
岩木山 2013 春
先週末、車を運転していて、まだ雪が残る岩木山の姿が
とてもキレイに見えたのでパチリ。

 

もう桜も散ったし、昼間の車の中は暑いくらいの日もありますが
岩木山の頂きにはまだまだ雪が。

岩木山は「津軽富士」と言われていて、
津軽地方の人々はこの山のことをとても大切に思っています。

そういえば、大分にも「豊後富士」と呼ばれる由布岳という山がありますなー。

うむ、どちらの山にもそれぞれ違った美しさがあります。



swanのガン見

白鳥が飛来するところがあるというので行ってみました。



お!いる、いる! でも思ったより少ない・・・
もう飛び立ってしまった後なのかも。

望遠レンズを持ってきていなかったので、ちょっと遠目。
近づくと食べ物が欲しかったのか、白鳥のほうがけっこう近づいてきました。



そんな中、視線を感じるな、と思ったら・・・



川岸ギリギリでじーっとこっちを伺う1羽が。



あれ?首から上がグレーです。 まだ子どもなのかも。



他の白鳥を撮っていても、入り込んでる・・・(笑)



この日はこの後、雪になりました。
岩木山もすそ野しか見えていませんでした。



















院内町のマチュピチュ
 ネタ切れのため、1年前の写真を載せます ^^;

 県内に住んでいながら存在を知りませんでした。

 「院内町のマチュピチュ」なんてところがあるとは!!

 院内町でもかなり玖珠町のほうに位置しています。



 実際のマチュピチュとは向きが逆のようですが・・・  

 なんとなく、分かるわーって感じですか?? ^^;

ゴールデンウィーク!

ゴールデンウィークが始まりました。

昨年は何をしたのか覚えていませんが、仕事は入らなかったはず。。。。

今年はちょいちょい仕事が入ります・・・(涙)

初日の今日はかろうじて休み。

天気も良いし、こういう日は私にとっては海日和です。

交通量なども考え、今回は津久見市と佐伯市にまたがって位置する四浦半島へ。

予想通り、車も少なく海岸線をトロトロと走りながら海を眺めることができました。

ゴールデンタイム(ゴールデンアワー)に撮る空写真はやっぱりイイ!^^


sallyの森へようこそ♪

決してsallyは地主ではありませんので、自分名義の森はありません。当たり前です ^^;

ちょっと最近は「森」をテーマにした写真を撮ることに集中しています。

大分県は幸いにも山に囲まれた県なので、「森」探しには苦労しません。

今回はちょこっとメルヘンな「森」を!

この中をsallyが白いワンピースで歩くと・・・ それはまるで・・・??

想像は膨らみますが、 個人的にはホラー的な方向へイメージしてしまいます(笑)

 

 





今月は参加するイベントの準備に向けて、モリモリ(森森)撮影が続きます!









なつかしい風景 〜デジャヴ
デジャヴ。

初めて来た場所なのに、見たことがあるような感覚におそわれること・・・みたいな意味。

場所に限らず人に対してもあるような気がする。

「初めて会った気がしない」という表現はデジャヴのひとつだろうか。

追及しすぎると「輪廻転生」にまで及びそうなので、このあたりで私がデジャヴ体験を

した場所の写真を。

正確にはデジャヴというほど大げさな感覚ではなく、ただなんとなく、本当になんとなく

「あ、ここ、なつかしい」と感じた場所、風景。

いったいこの感覚はどこから来るのだろう・・・?